ICU Risk Management News

私が某A医科大学に赴任したとき、ICUは危険だらけでどこから手を着けるべきか迷うような状況でした。各科が独自に管理するICUでしたが、私のICU魂が放置することを許さず、改善策を模索しました。まず着手したのは、これだけは許せないと感じた「リザーバー無しの蘇生バッグ」を院内から駆逐することでした。

看護部長室に蘇生バッグと酸素ボンベ・酸素濃度計を持ち込んで、いかに「リザーバー無し」が危険であるかをデモンストレーションし、それをICU Risk Management Newsと銘打って院内に壁新聞として配布しました。驚いたことに、このNewsが非常に好評で、次号を期待する声を多く頂戴できました。そこで、研修医の勉強にもなるので、週刊にして継続することを決定しました。実は、個人誌なので辛くなったらいつでも休刊しようと思って始めたのですが、気が付けばなんと丸4年間中断できませんでした。祭日は休刊し、ひとつのVolumeが終了すると少し充電期間を設けましたが、なんと全部で5巻124号にもなりました。

  Vol.1. No. 1〜22 (酸素療法)
  Vol.2.  No. 1〜15 (感染管理)
  Vol.3. No. 1〜25 (気道管理)
  Vol.4. No. 1〜38 (人工呼吸)
  Vol.5 No. 1〜23 (ライン管理)
  Vol.Extra セルフチェック38

このニュースは私の退職が決定したときに終了し、更新をしていなかったのは私の不徳とするところですが、現在でも役立つ部分が非常に多く、また、当時を思い出すアーカイブスとして、ご覧いただければ幸甚です。まずは、Vol.1から公開し、その後順次公開ていく予定です。

Vol.1,No.1(1巻1号)を1998年7月7日に発刊しましたので、公開日の2013年7月7日はちょうど記念すべき15周年にあたります。当時に尾崎塾という名前はありませんでしたが、今から振り返ると、尾崎塾の基礎がこの時期に生まれたように感じます。

PDFやJPEGで公開させていただき、個人利用の場合につきましてはfree downloadでご使用ください。ただし、転載や内容の掲載に関しては出典をご明記ください。著作権・複製権は尾崎塾が所有しています。出版物など商用使用される場合は尾崎塾までお問い合わせください。

【出典】尾崎塾ICU Risk Management News:題名.Vol.?,No.?,(初版年月日).

【ご注意】

1998年~2002年の刊行ですので、少々内容が古い部分があります。用語も少しずつ違っている部分があります。ご使用の際には真偽を確認するようにしてください。あまりにも人心を惑わす内容は訂正するようにしますが、現在と少々の旧懐的な差異が存在しても、故意にそのままにしてあります。たとえば、Vol.1では圧力単位はPa(パスカル)でなく、kgf/cm2(キログラムフォース)のままにしてあります。何卒、ご理解を頂きますようにお願い致します。

【閲覧とダウンロード】

閲覧とDownload用に「尾崎塾ICU Risk Management News」のページを作成しましたので、まず、下記のCheck Boxをクリックしてジャンプしてください。

次にご覧になりたいVolumeをクリックして、そのVolumeのページに入ってください(現在はVol.1のみ)。

目次の下の各回数やサイドバーでご覧になりたい回数部分をクリックすると、NewsがJPEG画像で表示されます。このJPEG画像もコピー可能です。

より鮮明なPDFでのダウンロードをご希望の場合には、目次の欄の下にPDFの欄を設けていますので、各号PDF右端の下矢印(↓)をクリックして頂くと、PDFが表示されます。

下矢印(↓)以外の部分をクリックしてもNewsは表示されますが、その画像はPNGファイルですので、お間違えの無いようにお願いします。

目次

       
ICU Risk Management News : Volume 1:酸素療法の話(1998年)  
  第1回: アンビューバッグの話し ( 7月 7日)
  第2回: 『蘇生バッグの改良しよう』の巻 ( 7月14日)
  第3回: 良い蘇生用バッグの条件 ( 7月21日)
  第4回: 酸素マスクは何パーセント? ( 7月28日)
  第5回: ベンチュリーマスクとインスピロンネブライザー ( 8月 4日)
  第6回: 貴方のすぐ側にある!実際にあった危険な酸素療法:1 ( 8月11日)
  第7回: 貴方のすぐ側にある!実際にあった危険な酸素療法:2 ( 8月18日)
  第8回: 貴方のすぐ側にある!実際にあった危険な酸素療法:3 ( 8月25日)
  第9回: 貴方のすぐ側にある!実際にあった危険な酸素療法:4 ( 9月 1日)
  第10回: 今回は血液ガスの話し ( 9月 8日)
  第11回: 酸素ボンベの話し(1) ( 9月22日)
  第12回: 酸素ボンベの話し(2) ( 9月29日)
  第13回: 酸素ボンベの話し(3) (10月 6日)
  第14回: 中央配管の話 (10月13日)
  第15回: 中央配管の湿度 (10月20日)
  第16回: 酸素、人工呼吸器を使用する際に必要なもの (10月27日)
  第17回: CO2ナルコーシスのお話 (11月10日)
  第18回: CO2ナルコーシスと酸素投与 (11月17日)
  第19回: 復習:鼻カヌラの吸入酸素濃度はいくら? (11月24日)
  第20回: 酸素中毒のお話:100%酸素はいつまで? (12月 1日)
  第21回: 酸素中毒のお話:40%酸素はいつまで使えるの? (12月 8日)
  第22回: ご愛読ありがとうございました。【Vol.1最終回】 (12月15日)