尾崎塾 理念と目的


尾崎塾の理念と目的は、以下を実現できるように教育指導を実践することです 

★    呼吸療法に関する事故をなくす

★    呼吸療法を必要とする患者により質の高い安全な呼吸管理を提供する

★    上記を指導できるスタッフを育成する 

そこで、尾崎塾では、講演活動をはじめ、セミナー開催、実技セミナー等を開講しております。

当ホームページは、セミナー開催の案内・申し込みをはじめ、ガイドラインの紹介を致しております。

是非ご覧ください。

神戸百年記念病院 尾崎塾   塾長 尾崎  孝平

尾崎塾の発足逸話 と NPOでない理由

(当セミナーでは3学会合同呼吸療法認定士の点数はつきません)

2005年頃、私に東京の臨床工学技士の有志から、朝から夕まで丸々一日の講演をして欲しいというお願いを頂いたのですが、当時は丸1日講演するという経験がほとんどなかったために、最初は遠慮していました。

しかし、それから間もなくある出版社で、私一人で丸1日さらには2日連続で講演するセミナーが開催されるようになりました。すると、彼等からも1日セミナーの依頼が再々あり、とうとう引き受けることになりました。その際、会場選び、募集、テキスト等の準備はすべて彼等に手配して頂き、事前に私はテキスト原稿を郵送しただけでした。このようにして2007年6月17日(忘れもしない父の日でした)に開催日が決定し、私は前日に東京入りをしました。

そして、私のもとに届けられたテキストを見て本当に驚きました。なんとその表紙には大きな字で尾崎塾と記されていたのです。初めて見たときは、こっ恥ずかしい気持ちで一杯でしたが、セミナーは東京慈恵会医大の大講堂が満席の大盛況で、関係者の皆様のご尽力に感謝するとともに、継続して尾崎塾のセミナーを実施する約束をすることになってしまいました。このあといくつかの変遷を経て、尾崎塾は任意団体として活動することになり、現在に至っております。

今までに尾崎塾を個人名が入らない別の名前に変え、NPO(非営利団体)になって活動をすることも考えました。確かにNPOになって3学会の認定セミナーになると集客は容易になり、セミナーを継続するうえで大変に魅力的です。しかし、皆様から尾崎塾という名前ですでに多分にご支援を頂戴しており、さらには、NPOによって規制されることのない活動を維持したいという気持ちからも、現在も「尾崎塾」を踏襲しております。

以上のような経緯があり、尾崎塾で3学会認定の点数が付かないのかという質問をたびたび頂戴しますが、残念ながら点数が付くことはありません。

しかしながら、尾崎塾では、職種の垣根をすべて取り払い、点数が付かなくても参加したいと思っていただけるような内容と企画を準備して、上記の理念と目的を全うすべくより一層の努力して参りますので、今後とも尾崎塾を何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、「尾崎塾」と命名して頂いたのは東京慈恵会医大の石井宣大氏と聞いております。

(写真は、2007年6月17日、東京慈恵会医科大学にて)